むくみ解消

むくみ解消マガジン

むくみの原因とおすすめの解消方法、教えます!

朝は顔がむくんで目が開かない、夕方は足がパンパンで靴に足が入らない・・・。むくみの悩みは深刻ですよね。

むくんだままでいると、周りから「太った?」なんて言われますが、太ることとむくみは全然違うものなんです。太るのは脂肪がつく事、むくみは水分と塩分が体に溜まってしまうことです。

むくみはしっかり対策をすれば、比較的短期間で解消する人もいます。

慢性的にむくんでいた人が対策をしたら「自分の脚って本当は細かったんだ・・・」「記憶にある中で一番今が小顔!」なんて事もあるんです。

むくみは体の不調を知らせるサインでもあり、美容の大敵でもあります。ですので、むくみの原因とむくみ具合のチェックをして、効果的な解消法をマスターしましょう!

むくみの原因は水分・塩分・血行不良

むくみの原因は、大きく分けて二つあります。血とリンパの流れが悪くなっていることと、水分や塩分が多すぎて体が処理しきれないことです。

血行不良の原因

  • 運動不足で筋力低下
  • 体が冷えてる・肩こり
  • ずっと同じ姿勢の仕事

血行不良というのは、血だけでなくリンパも滞ることを含みます。ずっと立っていると、血とリンパは重力で下半身に留まってしまいます。

運動不足で筋力不足になると、本来筋肉で血とリンパを巡らせていた機能も衰え、やはり血が溜まってしまいます。冷えやコリも同じで、血管が収縮して血の巡りを妨げる原因になります。

水分塩分のとりすぎの原因

  • 外食・ファストフード・お惣菜を食べる頻度が多い
  • 佃煮・漬物・ふりかけとご飯がの組み合わせが好き
  • ラーメンやお蕎麦の汁は全部飲んでしまう

むくみの原因になる水分と塩分をとりすぎるのも当然良くありません。体内の塩分濃度が高まると、薄めようと水分をさらに溜め込んでしまいます。塩分の多い食生活はぜひ見直したいですね。

病気が隠れているなど、その他の原因

  • 下肢静脈瘤…静脈の弁が壊れ、血が逆流する病気
  • 低アルブミン血症…肝臓の病気が原因で水分を調整するアルブミンが分泌されなくなる病気
  • その他腎臓の病気…腎臓の機能が低下すると余分な水分を尿にする力が弱まる
  • ホルモンに由来するむくみ…生理前の黄体期は水分を溜め込む時期であるため

むくみで注意したいのは、病気が隠れている危険があることです。セルフチェックの部分で触れますが、腎臓や肝臓の病気、ほかにも心臓や血管の異常でもむくむ事があります。

さらに生理前のむくみは女性ホルモン・プロゲステロンのしわざです。水分を蓄える性質を持つホルモンなので、分泌が活発になる黄体期は特にむくみやすくなります。生理前の時期だけむくみ解消サプリメントを取り入れてもいいですね。

むくみ解消の基本はカリウムで体内の塩分と水分を調整すること

むくみの原因がわかったところで、ここからはその解消方法についてご紹介したいと思います。

先ほどもお伝えした通り、むくみの大きな原因は塩分と水分が体の中に溜まりすぎることです。だから、これらを適切な量に調整してあげることで徐々に体の各部のむくみは解消されていきます。

その調整をするのに最も活躍するのが「カリウム」です。

でも、むかし学校の化学の授業でなんとなくカリウムって習った記憶があるけど、いったいどうやってカリウムを摂ったらいいの?という疑問が出てくると思います。

まさか、学校へ行ってもらってくるなんて出来ないですよね(笑)。となれば、一般の食品から摂取するしかなくなるのですが、実はもっと手軽に摂る方法があるのです。

それがいま、働く女性の間で大人気の「むくみを解消するサプリ」です。

カリウムを主な成分として、他にも美容や健康に良いとされる成分が含まれているむくみサプリは多くの商品が市販されているのですが、正直それらの違いがわかりにくいというのも事実です。

そこで、いまおすすめのむくみサプリを5つピックアップして、それぞれの特徴や口コミを徹底リサーチしました。

→ おすすめのむくみサプリ最新ランキング

人気の高い、市販のむくみサプリのなかでも特に口コミで評価の高い5アイテムについて、詳しく紹介しています。

むくみをセルフチェックしてみよう

ひょっとしてむくんでる?と思っても、見た目ではなかなかわかりにくいもの。むくみではなく、他の原因で腫れてしまっていたら大変です。まずは本当にむくんでいるか、セルフチェックしてみましょう。

  • 夕方にスネを指で10秒押すと、くっきり跡がつく
  • 手足に痺れを感じることがある
  • 朝に舌を見ると、歯のあとがくっきり付く

横になってから目覚める朝は顔が、立った状態が続いて血液が下半身に集まる夕方には足がむくみます。朝と夕両方でチェックしてみるのがいいですね。

むくみの重症度セルフチェック

足は特にどれくらいむくみが重症か知る手がかりになりやすいです。夕方になったらスネを指でギュっと10秒押してみましょう。押した場所に跡がつくのでその深さをチェックしてみましょう。お医者さんが実際に触診するのと同じ方法です。

  • 深さ2mm:むくみ度1・少しむくんでいます
  • 深さ4mm:むくみ度2・明らかにむくんでいます
  • 深さ6mm:むくみ度3・骨や関節を感じないほどのむくみです
  • 深さ8mm:むくみ度4・見ただけでもわかる重度のむくみです

指の跡が深ければ深いほどむくんでいます。骨を触ってもわからない、見ただけで足がパンパン、という重症のむくみは一度病院で見てもらってもいいかも知れません。病院に行くなら、まず診療科は内科がいいでしょう。さらに、へこんだ指の跡が戻る時間にもポイントがあります。

  • 指の跡が戻るまで40秒以上かかる:一般的なむくみ
  • 指の跡が40秒以内に戻る:肝臓か腎臓の病気が原因のむくみである可能性

じわっ・・・と40秒かけて戻るのは一般的なむくみですので、生活習慣の改善やマッサージなど対策すれば症状が軽くなりやすいタイプです。しかし、指の跡はつくのに40秒以内にヒュっと戻ってしまうタイプは要注意です。

このタイプのむくみは低アルブミン血症という肝臓や腎臓の病気が原因で、体内の水分調整がうまくいかなかくなる病気の可能性があります。このタイプのむくみのひとは、一度内科のお医者さんに診察してもらいましょう。

例外的に押しても指の跡がつかないひとでも、むくんでいる場合(がんの手術などでリンパ性浮腫が慢性化しているなど)もありますが、概ねこの方法でむくみは発見できるでしょう。

手足が張って、じんわり痺れるのもむくみによって血のめぐりが悪くなっているせいです。ひとつこれもむくみのサインですね。

顔のむくみのチェックは、朝起きたら鏡の前で舌を出してみましょう。舌の周りにギザギザした跡がついていたら舌がむくんだせいで歯型がついてしまっている状態です。顔がむくんでる証拠ですね。

どうでしょうか?「わたし、むくんでる!」という結果になったひとはむくみ解消のため対策してみましょう。

むくみ解消法をマスターして顔も足もスッキリ!

むくみ解消法はとってもシンプル、この3点をしっかり守ればOKなんです!

  • むくみの原因になる悪い習慣を改める
  • 血とリンパのめぐりを良くして水分を溜めない
  • 利尿作用のある栄養素で余分な水分を外に出す

むくみの原因になる悪い習慣はやめる!

まずはどんなにほかの対策をがんばっても、原因になる悪い習慣を絶たないことにはむくみ解消の道は遠くなってしまいます。

  • アルコールを控える
  • 塩分をとりすぎない
  • きつい服や下着は避ける
  • 体を冷やさない

アルコールは強烈な利尿作用がありますが、そのせいで水分不足になり喉が渇いてしまいます。そうするとまた水が飲みたくなってしまい、結果的にむくんでしまう悪循環に陥ります。塩分も体が水を蓄える原因になるので、控えたほうがいいですね。

塩分が多い食事や調味料を控えるのも大切ですが、減塩タイプの調味料やインスタント味噌汁に切り替えるのも手軽な方法です。自炊派は普段のお料理の味付けを出汁やお酢に変えると、とても味よく塩分が控えられますよ。

きつい服や下着は血行不良の原因になりがちなので、着心地のいい服を選びましょう。冷やさないようしっかり暖かい格好で過ごすことも大切です。

血とリンパのめぐりを良くするむくみ対策

  • しっかり運動、筋肉をつけて血行を良くする
  • お風呂に20〜30分ゆっくり浸かる
  • リンパマッサージでめぐりを強化する
  • 弾性・着圧の靴下やストッキングを履く
  • メリロート入りのサプリメントを飲む

運動とお風呂はストレス解消にもいいですし、ぜひ取り入れたい習慣ですね。マッサージは普通に揉んだり、さすったりしても効果がありますが、ハンドクリームやボディクリームで滑りを良くしてから揉みほぐすと気持ち良さ100倍です・・・。保湿効果の高いクリームを使ってボディケアを一緒にしてもいいですね。

弾性・着圧ストッキングは足首から太ももまで、血のめぐりを良くするよう圧力を変えて編んであるストッキングのことです。履き心地も良いですし、足首にストッキングがたるんで溜まってしまうこともありません。履いた時の見た目も美脚に見えてオススメです。

さらにメリロート入りのサプリメントもオススメです。血とリンパのめぐりを助ける成分なのでむくみの解消にはもってこいですね。

水分を排出!利尿効果がある成分を摂取

  • カリウム…むくみ対策サプリメントの主成分
  • シトルリン…スイカやキュウリなどに含まれる
  • ポリフェノール…ワインやチョコレートに含まれる
  • カフェイン…コーヒーやお茶に含まれる
  • 漢方薬…防已黄耆湯・猪苓湯・牛車腎気丸など

利尿作用というのは耳慣れない言葉ですが、簡単に言えばたくさん尿を出すようにする作用のことです。利尿効果抜群の栄養素と言えばカリウムです。カリウムはモロヘイヤやほうれん草にも含まれますが、茹でるとお湯に出て行ってしまうデリケートな性質を持っています。

効率よくカリウムを摂取するにはサプリメントがオススメです。毎日続けて飲めば、溜まった余分な水分と塩分を体から追い出す助けになってくれます。シトルリン・ポリフェノール・カフェインも利尿効果があるので摂取したい栄養素ですね。

ただ、利尿作用のある栄養素を毎日食べ物で摂取するのはかなり難しいのではないでしょうか。毎日人間は水分・塩分を体に溜め込んでいくので、むくみを本気で解消したいなら利尿作用のある栄養素も毎日摂取したほうがいいのは言うまでもありません。

コツコツ溜まった水分を出していけば、すらっとした足と、スッキリした顔が戻ってくるのも夢じゃありません。サプリメントを飲んでむくみが軽くなるまで、個人差は大きいですが早いひとで数日、2〜3ヶ月続けるだけでだいぶ軽くなったというひとが多いようです。

ただ、利尿効果のある栄養素は摂りすぎに注意しなくてはいけません。アルコールと同じく、カフェインなども飲みすぎると、かえってむくみの原因になってしまいます。利尿効果のあるサプリメントや漢方などの薬も併用すると効果が高まりすぎるので、それぞれ別々に、用法をしっかり守って使いましょう。

漢方薬を試してみるのもひとつです。ドラッグストアでも取り扱いがあり、手軽に取り入れられますね。水分を出す効果もありますが、むくみやすい体質そのものを改善するため取り入れたいアイテムと言えるでしょう。

まずは溜まった水分を出してから体質改善を

ここまでむくみ対策をずらりと並べましたが「じゃあ何からはじめたらいいの?」と思ってしまいますよね。オススメはまず、利尿効果の高いむくみ解消サプリメントからはじめる事です。

むくんだままだと体も温まりにくく、手足や体が重く運動しにくいのが現実です。まずは1回カリウムサプリメントで水分を出して体を軽くすれば、運動や体を温めるなどの対策の効率が大幅UPするでしょう。

その後運動して筋力をつけたり、漢方薬をはじめるなどして「むくみにくい体質」を作る対策を始めてみましょう。なにより最初に体が軽くなるとむくみ解消のモチベーションも維持しやすいですよね。

まずはむくみ解消サプリメントから、むくみにくい体質づくりの一歩を踏み出しましょう。

むくみサプリ最新ランキング
1位

むくみ解消とダイエットで人気No.1

きゅきゅっと小町
2位

パンパンの足のむくみをスッキリ解消

するるのおめぐ実
3位

美容外科と共同で開発したサプリ

ホスピレッグ
4位

5つのスッキリ成分でむくみを解消

むくらっく
5位

めぐりを高めてスッキリをめざす

BeautyLeg CelluliteSlim

お問い合わせ


PAGE TOP