エコノミークラス症候群の予防と対策

足のむくみ対策がエコノミークラス症候群を予防する?飛行機や車中泊で知っておきたいこと

飛行機や車中泊でエコノミークラス症候群にならないために

最近ニュースなどでよく聞くようになったエコノミークラス症候群ですが、実は足のむくみ対策がこの怖い病気を防ぐ効果があるのをご存知ですか?

長い飛行機でのフライト、災害での車中泊、つらい足のむくみが起こるシチュエーションは身近にたくさんありますよね。実は足のむくみもエコノミークラス症候群も、ずっと同じ姿勢でい続けることが原因なんです。つまり、むくみを解消すればエコノミークラス症候群を予防することになるんですね。

飛行機の旅や車中泊をより快適・安全なものにするため、むくみとエコノミークラス症候群対策をマスターしましょう!

むくみとエコノミークラス症候群の原因

最初に触れたようにむくみもエコノミークラス症候群も、同じ姿勢で動かないことが原因です。座ったままの姿勢というのは、どうしても下半身が圧迫されて血流が悪くなります。この血流が滞った状態のことを「うっ血」といいます。

うっ血状態が続くと血液に含まれる水分が血管を通して染み出し、体に溜まっていきます。この状態がむくみと言われているんですね。

血液が順調に流れていればサラサラと固まりませんが、うっ血した状態だと血が固まりはじめてしまいます。この小さな血の塊を血栓といって、血管に詰まることでエコノミークラス症候群の原因になります。

この血栓がうっ血している下半身で生まれると、足の腫れや痛みが襲ってくる場合があります。さらに血栓が肺まで到達して肺動脈に詰まった場合、呼吸困難から死に至ることもあるんです。

この「血行不良から血栓が生まれ、血管に詰まり痛みや腫れ、最後は呼吸困難などを起こすこと」をエコノミークラス症候群と呼んでいるんですね。

エコノミークラスの狭い座席で長時間フライトした後に罹患することがあるため、このような名前がつきました。わかりやすくエコノミークラス症候群と呼ばれていますが、医学的には深部静脈血栓症・肺塞栓症・急性肺血栓塞栓症などの病名が該当します。

片足のむくみが前兆?エコノミークラス症候群の症状と治療方法

一口にエコノミークラス症候群と言っても症状には個人差があり、血栓があっても足の痛みが無く、いきなり呼吸困難や失神を起こす場合もあります。「足が痛い!」という強い自覚症状がなくても、血栓が生まれた兆候があったら病院へ行くことが大切なんです。診療科は心臓血管内科や循環器を扱うところを受診するといいでしょう。

ここでエコノミークラス症候群の進行度で現れる症状を見てみましょう。「血栓が生まれた段階」で病院へ行くことが何よりも大切です。

エコノミークラス症候群・血栓が生まれた時の症状

  • 血栓のできた片方の足だけがむくむ
  • 足が赤くなる・腫れる
  • 足のかゆみ・だるさ・重さを感じる
  • 足の痛み・強い腫れやむくみが起こる

エコノミークラス症候群・血栓が肺に達した時の症状

  • 呼吸困難
  • 激しい胸痛
  • 失神・意識消失

お医者さんはエコノミークラス症候群かどうか、血栓ができるときに生まれる物質・ディーダイマーの数値を測定して判断してくれることが多いようです。その後体の断面を確認できるCTスキャンでどこにどんな大きさの血栓があるか、精密な検査が行われます。

初期の段階なら、血栓をこれ以上育てない薬を点滴する抗凝固療法・血栓を溶かす薬を点滴する血栓溶解療法で回復する場合が多いとされています。

ただ血栓が肺に達しており、すぐにでも血栓を外科的に取り除かなくてはならない場合、カテーテル治療や肺動脈血栓摘除術という手術を行う必要があります。

手術をする段階になると、まさに生死を分ける状態だと言えるでしょう。AEDなどで蘇生を試みても血栓がある限り回復は難しいため、とにかく早く手術室に入ることが重要になります。血栓ができる前の予防がいかに大切か感じますね。

気をつけていても、エコノミークラス症候群になりやすいひともいます。手術やカテーテル検査をして静脈に傷ができているひと、もともと血液が固まりやすい体質・先天性血栓性素因のひとは血栓ができやすく、特に注意が必要です。

何かの手術後だったり、お医者さんに「あなた血が固まりやすい体質ですね」と言われたことのあるひとは特に注意して対策する必要があります。自分の体質がわからなくて心配なひとは病院で血液検査をしてもらうとすぐにわかるので、1度調べてみてもいいですね。

足のむくみ・エコノミークラス症候群の予防法!

むくみの解消ももちろん、まずは血栓ができないようにするのが大切です。予防を徹底して血栓のできる隙がないよう、サラサラ血行を良くしておく必要があります。

水分補給は大切!血液はドロドロにしない

血液をサラサラ流すのに大切なのが水分補給です。「トイレに立つのは遠いし面倒だから、水分は我慢しよう・・・」と考えてはいけません。水分が不足することで血液がドロドロに、流れにくくなっていくからです。

血液がドロドロだと血栓ができやすくなるので、水分不足はエコノミークラス症候群を招くと言ってもいいでしょう。

普通の水でも良いですが、より水分補給に良いとされているのがイオン飲料と言われています。イオン飲料はカリウムやナトリウムといった電解質を含んだ飲み物で、いわゆるスポーツドリンク類を指す場合が多い言葉です。

イオン飲料の代表・ポカリスウエットで有名な大塚製薬実施、京都府立医科大学名誉教授(2002年当時)森本先生解説による実験によると、9時間のフライトでミネラルウォーターとイオン飲料それぞれで水分補給をした結果、イオン飲料のほうがより体内に水分が残り血液の粘度(ドロドロ具合ですね)が低かったことがわかったそうです。

つまりイオン飲料で水分補給することで、より血栓ができにくくなったんですね。フライトのお供にはスポーツドリンクがオススメです。あと実はむくみ解消サプリメントも電解質であるカリウムが主成分なのでオススメです。たっぷりめの水で飲んでおくといいですね。

むくみ解消サプリメントのカリウムは余分な塩分を再吸収させない成分のほか、体の代謝を良くして血行を促す成分が入っているものも多いのでむくみ解消、うっ血の予防にはもってこいです。

血行促進!エクササイズやツボ押しで血栓を作らせない

たっぷり水分を補給したら次は血行を良くするように体を動かしましょう。「だけど、飛行機や車の中で動き回ったら迷惑じゃない?」と思われるかもしれませんね。なので、座席で気軽にできる運動を取り入れましょう。

  • 床にかかとをつけてつま先を上げ下げ、つま先を床につけてかかとを上げ下げ
  • 足の指で結んで開いてを繰り返す
  • ふくらはぎをさすったり揉む
  • 下半身の血流を良くするツボを刺激する
  • 飛行機や自動車に搭乗前に軽い食事をとる
  • 着圧ストッキング・ソックスを履く

簡単な方法ですが、どれも一定の効果が期待できますよ。狭い場所でできるエクササイズはこちらでよりくわしく特集しているのでチェックしてみて下さいね。 → 自宅で簡単!足のむくみを解消するお手軽エクササイズ

さらに足のツボ、足の内側のくるぶしから指4本分上に行ったところに三陰交という下半身の血流を良くするツボがあります。押したり揉んだりすると効果的ですね。

あと意外なところで、フライト前に軽食をとると血流がよくなり、エコノミークラス症候群の予防につながるということが2000年にアメリカのオハイオ州立大学医療センターの研究チームから発表されています。

あまりしっかり食べてしまうと消化器に血液が集まってしまい逆効果のようなので、軽く何か食べることがオススメなのだそう。これなら取り入れやすそうですね。

さらに長いフライトや車中泊にオススメなのが着圧ソックス・ストッキングです。弾圧・下半身サポート・弾性・トラベルソックスなどいろんな名前で売られていますが、編み方を工夫し足に加える圧力を変えることで血流を良くする靴下類のことを指します。

ドラッグストアや下着売り場で気軽に購入できるので、履いておくだけで足のむくみや血栓のリスクがぐっと軽減されますよ。

飛行機での旅、むくみとエコノミークラス症候群をどう防ぐ?

エコノミークラス症候群、という名前がつくほどむくみや血栓と縁が深い飛行機旅行、どうやってむくみやエコノミークラス症候群を予防したらいいのでしょう?

飛行機でこれはやっちゃダメ!エコノミークラス症候群を招く行為

予防する方法だけでなく、エコノミークラス症候群を招くのでやってはいけない事もあります。まずはここを気をつけていきましょう。

  • 睡眠薬を飲む
  • アルコールを飲む
  • 締め付ける服を着る
  • タバコを吸う

ついつい「このフライトを睡眠時間に充てよう!」と睡眠薬を飲んでしまうひとがいますが、これは同じ姿勢のまま長時間眠ってしまうため血行を妨げ危険です。さらに当然水分も補給できないので、眠るのもほどほどにしましょう。

せっかくの旅行なんだから愉快にビールやワインを飲みながら行きたい!というひともいるかも知れませんが、これもオススメできません。アルコールには利尿効果があるので水分を失ってしまい、血栓ができやすくなります。

体を締め付ける服も血行を妨げるので良くありませんね。楽な格好で旅を楽しみましょう。あと難しいかも知れませんが、禁煙することも大切です。

タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ、血行を妨げます。ヘビースモーカーのひとはせめてフライトの間だけでもタバコを我慢できるよう、事前に訓練したほうが良さそうですね。

フライト中にできる!むくみとエコノミークラス症候群の予防方法

やってはいけないことを改めたら、次はより予防効果が高い対策をしてみましょう。

  • フットレストを機内に持ち込む・荷物に足を乗せる
  • スリッパに履き替えて足を楽にする
  • 着圧ストッキング・ソックスを履く
  • 布やクッションを敷いて座る
  • 冷えないよう上着を着る
  • 足が伸ばせる、立ち歩きやすい席を確保する

足がうっ血するのを避けるため、足を上げておくとむくみやエコノミークラス症候群予防に役立ちます。

足を乗せられるフットレストは床に置くタイプ、座席から吊るすタイプなどがありますが、特に吊るすタイプはコンパクトに持ち運べるので機内では便利ですね。荷物に足を乗せてもいいでしょう。

革靴やハイヒールだと足に負担がかかりむくみやすくなるので、スリッパで足を楽にするのも大切です。折りたたみ式のスリッパだとかなりコンパクトに持ち込めて便利ですよ。さきほど触れた着圧ソックスももちろん必需品です。

さらにむくみやエコノミークラス症候群は、座った時の下半身への負担がうっ血を招くことも原因のひとつなので、柔らかい布やクッションを敷いて座ると負担が和らぎ足が楽になります。機内で借りられるブランケットや膝掛けを上手に利用してもいいですね。

あと空調の効いている機内は冷えが大敵、冷えることで血行不良を招きむくむ場合があるので、上着はなるべく羽織っているようにしましょう。そしてちょっとした裏技が飛行機の席を選ぶことです。実はけっこう快適さが違うんですよ!

フライト中のむくみ・エコノミークラス症候群対策にベストな席選びとは?

飛行機での旅をするとき、足が伸ばせたり姿勢を変えやすかったり、立ち歩きやすい席だとうっ血が起こりにくく、むくみやエコノミークラス症候群のリスクを減らすことができます。具体的にどのあたりの席がベストなのでしょうか?

  • 非常口が目の前の席・・・前に座席がないため、足を伸ばしたり立ち歩きが楽です。
  • スクリーンやパーティションなどの前の席・・・非常口前ほどではありませんが、足が伸ばせて快適です。
  • なるべく機体後方の席・・・指定がない場合、航空会社は前(操縦席側)から席を埋めていく場合が多いそうです。空いてる飛行機で後ろを予約すると周りにひとが少なく、立ち歩きが楽になる可能性も。

これとは対照的にトイレの前や列最後部の席は、背後が壁などでリクライニングができない場合があります。避けたほうが無難ですね。

非常口前の席は、万が一の時避難の手助けをすることを想定して、体力や腕力のある男性優先とされる場合もあるようですが、どんなひとでも狙ってみる価値はあるでしょう。

またリクライニングは姿勢をこまめに変えられるので、むくみ予防に便利な設備です。リクライニングができる席か事前に聞いてみてもいいかも知れませんね。

混み具合などが影響したり、好きな席を選べない場合も多いですが、座席選びのコツは覚えておいて損はないですね。

車中泊をするときのむくみ・エコノミークラス症候群予防のコツ

車だけで遠くへ旅をする場合、災害などで止むを得ず車で寝泊まりする場合、むくみはもとより、エコノミークラス症候群は注意したい病気です。

車は狭く、同じ姿勢で座っているのでどうしても血栓のできやすい状況です。特に災害時にトイレの数が足りないため、水分を控えてトイレの回数を減らそうとしてしまう場合があります。

被災した家の片付けなどで水分を消費してしまい脱水状態になるひともいます。水分不足で血液がドロドロになるのも血栓ができやすくなる原因と言えるので脱水症状には要注意です。

水分は十分にとって、1時間に1回程度は足を上げる、外を歩くなど意識して血行を良くするのが大切です。さきほど紹介したエクササイズやツボ押しも効果的ですね。

まとめ・むくみを予防してエコノミークラス症候群を防ぐ5ポイント

  • むくみを対策すればエコノミークラス症候群は防げる!
  • 血流を促すためエクササイズ・ツボ押し・着圧ソックスなどを使う
  • 血栓を作らないよう水分補給はしっかり!イオン飲料がオススメ
  • タバコ・アルコール・睡眠薬はフライト・車中泊の前後は避ける
  • こまめに立ち歩き、姿勢を変えられるよう座る席など工夫する

血のめぐり良く、水分補給を忘れないことが何より大切です。こまめに動いたり、姿勢を変えて長いフライトや車中泊も乗り切りたいですね。

足のむくみが気になったらその先にエコノミークラス症候群があると思って、気を引き締めて対策していきましょう。

むくみサプリ最新ランキング
1位

むくみ解消とダイエットで人気No.1

きゅきゅっと小町
2位

パンパンの足のむくみをスッキリ解消

するるのおめぐ実
3位

美容外科と共同で開発したサプリ

ホスピレッグ
4位

5つのスッキリ成分でむくみを解消

むくらっく
5位

めぐりを高めてスッキリをめざす

BeautyLeg CelluliteSlim

お問い合わせ


PAGE TOP