足のむくみはリンパマッサージとツボ押しで解消できる

足がむくんだらリンパマッサージとツボ押しで解消しよう!具体的なマッサージ法を解説

リンパマッサージとツボ押しで足のむくみを解消

今日も1日お疲れ様!ロッカーに行くと、朝は履けた靴が入らない・・・。パンパンにむくんで冷たいふくらはぎが辛いですよね。

「あぁ・・・なんだか私ってこんなに疲れて、足もむくんでかわいそう・・・」疲れた1日の終わりに靴が入らないとすごく心もブルーになっちゃいます。でもそれは頑張った証拠です。

まずはその疲れた足をリンパマッサージとツボ押しで癒しましょう。クリームで滑らかにマッサージすれば足はめぐり良くむくみが解消され、スッキリポカポカになりますよ。

「足もむくんで疲れた・・・」から「明日もがんばろう!」になれるマッサージとツボ押しのコツを伝授しましょう。

足のリンパマッサージでむくみスッキリ

むくみを改善するためには血液とリンパの流れを良くすることが大切です。体の余分な水分と老廃物を動脈から回収し、リンパ管に引き受けたあと静脈に戻し、余った水分の排泄を助けるのがリンパの役目です。

いわば体中に張り巡らせた下水管のようなイメージですね。リンパ管の流れが悪いと動脈から滲み出た水分が回収できず、体中に溜まってしまいます。これがむくみの状態ですね。リンパマッサージでリンパの流れが改善されると、むくみが解消されていきます。

同時に血液の流れもマッサージで改善されます。リンパ管が静脈に戻した水と老廃物はやがて腎臓に届き、尿になって体外に出ていきますが、この血液の流れが良くないとやはりむくみが起こります。せっかく血管に出した水分と老廃物が、また染み出して体に溜まってしまいます。リンパマッサージはリンパと血液両方の流れを良くするのでむくみに効果絶大なんですね。

血行を良くすることで眠りの質も良くなるので、マッサージは不眠気味のひとにもオススメですよ。良い眠りは体の調子を整え、むくみ解消にも効果的なんです。マッサージすることでむくみが軽くなる→よく眠れる→むくみがもっと取れるという、むくみ解消サイクルに乗ることができますね。では、実際どうやってマッサージするのか見てみましょう。

足のむくみ解消!リンパマッサージのやり方

まずはマッサージするためにクリーム・オイル・ジェルなど何か潤滑剤を準備します。マッサージするとき肌をこするとダメージになってしまうので保護しましょう。潤滑剤があることでぐっとマッサージもしやすくなりますね。

クリームやオイルは保湿効果があるものを使えばボディケアも一緒にできて一石二鳥、好きな香りのものだと気分も上がってマッサージが楽しくなりますね。

マッサージのベストタイミングは体が温まっているお風呂上がりがいいでしょう。または半身浴や足湯をしながらのマッサージも効果的と言われています。暖かいお風呂とマッサージのフルコースで疲れやストレスの解消にも最高ですね。

  • 足の裏を10秒ずつ押す
  • 足の甲を指先に向かってマッサージ
  • 足の指の付け根を揉みほぐします
  • くるぶしを揉みほぐします
  • ふくらはぎをさすり上げます
  • ひざの表から裏に向かってさすります
  • 太ももを上に向かってさすります
  • そけい部(ちょうどVラインあたり)を軽く押します

人間の体にはリンパの流れが集まるリンパ節があります。流れが悪いひとのリンパ節はちょうど、いろんな道路が合流する交差点が渋滞しているような状態です。マッサージすることでリンパ液を押し流し、渋滞を解消してあげる必要があります。

全身にリンパ節はたくさんありますが、足のむくみに特に有効なリンパ節は膝の裏と足の付け根(そけい部)です。リンパ節へリンパ液を流し込むイメージを大切に、マッサージしてみましょう。

ちなみにリンパ節やリンパ管などは体の下水管という役目以外にも、外的から体を守るちからも持っています。

リンパ系は免疫機構(ウィルスやガン細胞などから体を守る器官)の中心と呼ばれ、流れを良くすることで病気にかかりにくくなるという大きなメリットがあるんです。毎日を元気に過ごすためにも、リンパマッサージはぜひ習慣にしたいですね。

むくみ取りマッサージにはスリミングジェルがオススメ

マッサージのために潤滑剤を買おう!と思っているひとにはスリミングジェルがオススメです。最近話題なのが温感タイプのジェルで、ショウガオール・トウガシチンキ・バニリルブチルなどの成分で血行を促進してむくみやダイエットをサポートする効果があるとされています。塗るだけでもぽっと暖かくなる感触がある不思議なジェルです。

むくみ解消のほか、冷え・セルライト撃退、発汗を促す効果があり血行不良に悩むひとはぜひ取り入れたいアイテムですね。

ただ温感タイプのジェルはショウガやトウガラシ由来の成分が含まれるため、刺激はやや強めです。傷や荒れが肌にあるひとは使わないようにしましょう。

肌の強さに自信がないひとは、温感タイプでないスリミングジェルで低刺激なものを選ぶと安心でしょう。マッサージには普通のボディジェルやクリーム、オイルでも十分ですが、どうせ手間暇かけるならより結果を求めたいですよね。

何かはじめる時、最初のお買い物が楽しいとモチベーションもぐんと上がります。ワクワクした気持ちでマッサージの習慣を始めてみませんか。

どこでも気軽にツボ押しで足むくみ解消!

リンパマッサージは足を出してゆっくり揉みほぐす必要があります。その点ツボ押しなら、オフィスの休憩時間や通勤の合間でもさっと押すことができますね。

「まだ帰れないのに、足のむくみがつらい・・・」という時もあると思います。ツボ押しはとても手軽で便利なむくみ解消法です。

足のむくみ解消のツボをマスター!

  1. 湧泉(ゆうせん)・足の裏の真ん中近く、土踏まずよりつま先側にあるツボ。疲労回復やリラックス効果があります。
  2. 三陰交(さんいんこう)・足の内側、くるぶしから指4本分上に位置するツボ。冷えや生理痛にもいいツボです。
  3. 太谿(たいけい)・足の内側、くるぶしとアキレス腱の間、ちょうど柔らかく窪んだ場所にあるツボ。腎臓にいいと言われています。
  4. 委中(いちゅう)・膝の真裏あたりのツボ。リンパ節を刺激するツボです。
  5. 承筋(しょうきん)・承間(しょうかん)・承山(しょうざん)・後ろふくらはぎに縦に並ぶツボで、リンパのツボです。

ツボ押しのコツは強く押しすぎないこと。程よい刺激を感じる「気持ちいい加減」を意識しながら押します。内出血や炎症を起こさないよう気を付けましょう。

押す時間と間隔はひと押し3〜5秒をめやすに、ゆっくり押してゆっくり離しましょう。早く押して早く離すとかえって筋肉が緊張して逆効果になってしまう場合もあります。ゆっくりじっくり押していきましょう。

ツボ押しアイテムの選びかた

ツボを押す時、あると便利なのがツボ押しですよね。ちからを込めるのがぐっと楽になります。いろんなタイプがありますが、選び方を見てみましょう。

  • 持ち歩けるコンパクトなもの
  • デコボコが少なく、洗いやすい形のもの
  • 痛すぎない形のもの
  • ツボをピンポイントで刺激できるもの

出先で気軽にツボ押しするならコンパクトで持ち歩けるものがいいですね。キャラクターや動物の形など、インテリアとして飾っておけるおしゃれなツボ押しもいろいろ売られていますので、使わないときはオフィスのデスクに飾っておくのもいいですね。

そしてツボ押しは皮膚に触れるものなので、体の皮脂やホコリで汚れていきます。複雑な形だったり、分解できない部品が組み合わさっていたり、深いエンボス模様があるようなデザインは洗ってきれいになりにくいので避けたほうがいいでしょう。

電動のものを選ぶ場合も、清潔に使えるかどうかは選ぶポイントとして大切ですね。

ツボ押しの中には、尖ってて内出血や炎症を起こしやすいものもあります。触ってみて「このツボ押しは痛そうだな」と思ったら避けたほうがいいでしょう。

最後に、ツボ押しはツボをピンポイントで刺激できるものを選びましょう。一度の数カ所のツボを狙うグッズもありますが、うまく自分が刺激したいツボに当たらないこともしばしばです。狙った場所をしっかり押せることが重要ですね。

マッサージとツボ押しはかなり有効なむくみ解消法なんですね。お風呂上がりはじっくりリンパマッサージ、出先やちょっとした時間でツボ押しをこまめにするとむくみはだいぶスッキリするでしょう。むくまないための習慣にしていきたいですね。

むくみサプリ最新ランキング
1位

むくみ解消とダイエットで人気No.1

きゅきゅっと小町
2位

パンパンの足のむくみをスッキリ解消

するるのおめぐ実
3位

美容外科と共同で開発したサプリ

ホスピレッグ
4位

5つのスッキリ成分でむくみを解消

きゅきゅっとスリム
5位

代謝を高めてむくみ解消をめざす

美スラリッチ

お問い合わせ


PAGE TOP